NMB48学園 2013年11月9日 放送

1時間目 国語「朗読(感動する話)

2時間目 社会「消防について」

・お昼休み「鴨がネギ背負ってやって来た、カモネギックス」

・抜き打ち課題「薄着男子に一言対決」
131109_1

131109_2

■魂が揺さぶられるほど感動する話の朗読で

山田菜々「義足を付けて不自然な歩みを繰り返す父の姿を、稼(かせ)ぎ先の…」

西森洋一「ちょっとやめてくださいよ」

大林健二「嫁(とつ)です、稼ぎ先って」

西森洋一「誰に稼いでるんですか」


■嫁ぎ先と稼ぎ先

大林健二「どういうことですか、稼ぎ先って。文章前後読んでたらだいたい分かるやんか、漢字って」

山田菜々

「私、でもこれ読む前に2回目通したんですよ」

大林健二

「なんやねん、ほな稼ぎ先って読もう思って読んでるやん」

山田菜々

「はい、そうです。思い込んでました」

西森洋一

「稼ぎ先の家族って」

大林健二

「ばかやろうですね、ほんまに」

山田菜々

「惜しかった~」

大林健二

「いや、惜しくなかったですよ」


■なぜってことは理由を書くんですか?

大林健二

「消防自動車の色は朱色でなければならないという決まりがあります。なぜ朱色と決まったのでしょうか、フリップにお書き下さい」

山田菜々「なぜってことは理由を書くんですか?」

大林健二

「あら~、じゃあ何を書くんですか、他?」

山田菜々「分かんなくなった」

山田菜々「朱色。朱色ってなんかオレンジみたいな~」

大林健二

「いや、僕の質問は今どこにいったんですかね。あなたが聞いてきたことに対して僕は意見を述べて、返していただかないと会話というのが成り立たないので」

山田菜々「先生、朱色というのはオレンジみたいな」

大林健二

「いや、だから話し聞いてましたかね。理由を書かないといけないんですかね?じゃあ何を書くんですかというのを答えて欲しいんですよ」

山田菜々「西森さん、どうしましょ」

西森洋一

「俺もずっと思ってた、どうしましょって」


■山田菜々を蔑む上西恵

リスナーからのお便りで「友達からいらないという理由で山田菜々の写真を貰った」という話で上西恵が吹き出す

大林健二「けいっちめっちゃ笑ろてるやんか」

山田菜々

「いじめられてる~」

大林健二

「ななたんが蔑まれることをけいっちは好物としてんの?」


生写真の話で

上西恵

「メンバーでもありますよ。DVDとか貰ったときについてくるんですよ、写真が。それ開けて、うわっさや姉入ってたとか、うわ菜々ちゃんかよみたいな」

西森洋一「また言ってるやん」

山田菜々「また言った、けいっち~」

大林健二

「さらっとななたんのこと言うよね」

山田菜々「ほんまや、仲悪くなりますね」


■抜き打ち課題

お題「薄着男子に一言対決」

上西恵

「えっ、こんな寒いのになんでそんな薄着なん?じゃあこの私のマフラー一緒につけよっか」

山田菜々

「なあ、薄着やんなぁ。はい、これコーヒー。あの、甘いと思うから一緒に飲んで下さい」

もう一つ考えていたバージョン

山田菜々

「寒いやろ、はい。マフラー貸してあげるから今度パーカー貸して」

もう一つ思いついたバージョン

山田菜々

「寒いですねぇ。はい、手繋ご」

【勝者】上西恵 【通算】山田菜々4敗、上西恵2敗