11月11日「NMB48のTEPPENラジオ」より
1111 (1)

■自分の声についての話で

吉田朱里「朱里はもっとさや姉とかみたいに透き通った声がいい」

梅田彩佳「ちょっとハスキーっぽいっこと?」

吉田朱里「きれいな声になりたい」

梅田彩佳「あ~、そういうことか」

吉田朱里「メンバーにめっちゃイジられるしな」

梅田彩佳「え、いいじゃん。イジられるってことは特徴あるってことやん」

吉田朱里「菜々ちゃんがめっちゃ真似されてて」

梅田彩佳「確かに」

吉田朱里「菜々ちゃんぐらい真似され始めてるから」

梅田彩佳「菜々ちゃんすごいもんね。絶対覚えるし、分かるもんね歌ってたら」

吉田朱里「だって初めて聞いた時、すごい声やなってw」

梅田彩佳「www 思ったんやw」

吉田朱里「思ったw

梅田彩佳「へぇ~、ウケるw」

吉田朱里「あれをりぃちゃんが初めにイジり出した時はよく言ったって思ったw」

梅田彩佳「どれぐらいでイジりだしたと、みんな?」

吉田朱里「えぇ~っ、なんかマジジョテッペンブルースの時、SKEさんとやった時があって、『大阪、てっぺんとったんで』(菜々ちゃんの真似で)って言ってん菜々ちゃんがw」

梅田彩佳www

吉田朱里「その時から面白いなってずっと思っててんけど、いつかの公演でりぃちゃんが『菜々ちゃんのモノマネしま~す』みたいに言い出して『大阪、てっぺんとったんで』って言ったんが始めかな。それか蜃気楼かなんかのモノマネをしたのか」

梅田彩佳「へぇ~、すごいね。最初にモノマネする時ってけっこう勇気いるじゃん」

吉田朱里「勇気いるよね」

梅田彩佳「やっぱりぃちゃんってすごいんやね」