10月25日「NMB48学園~こちらモンスターエンジン組~」より 
141025_2

大林健二「ななたんが卒業すると」

山田菜々「そうですよ」

大林健二「いつですか、卒業は?」

山田菜々43日です、お誕生日に卒業する」

大林健二「これはいつぐらいから決めてたことなの?」

山田菜々「え~、1年ぐらい前から考えてて、ほんまにやめたくなったらやめよって思ってて、ずっとデビューした時から。でも、ちゃんと大人の人に言ったのは2ヶ月ぐらい前です」

西森大林「へぇ~」

西森洋一「ちゃんとやめたくなってやめようって思ったんや。もう十分やったっていう」

山田菜々「うん。まだ22歳なんで、もっと楽しみたいなって思って」

西森洋一「あっ、苦しいんですね」

全員「www

大林健二NMBが苦しいと」

山田菜々「苦しくないけどw

大林健二「きまりがありすぎてすこぶる苦しいとw

西森洋一「茶髪はもういいんでしたっけ」

山田菜々「茶髪はいいです」

西森洋一20歳超えてたらいいんでしたっけ」

上西恵18歳以上やったら」

西森洋一「あぁ、18歳以上やったらいいんですね。いろいろあるんですね」

山田菜々「ありますね」

西森洋一「ジャンル的にもっといろんなことをもっとやりたいってことですよね?」

山田菜々「そうですね。22歳やし、やめてなんか分からへんけど楽しめたらいいなと思って、人生を」

大林健二「漠然とでもどうするとか決めてないの?」

山田菜々「決めてますよ。もちろん芸能界には残るし、一人でNMBとして今まで出来なかったこともできるようになればいいなと思って」

西森洋一「そうか、NMBやからやってはいけないということもありますもんね」

山田菜々「やってはいけないというか、スケジュールがこれでダメだったとか、そういうのもいろいろあるみたいなんで」

西森洋一「そうか、公演に出ませんもんね」

山田菜々「そうですね、卒業したら」

大林健二「公演に出えへんってだけでそれだけスケジュールが空くってことやから」